森の奥へ

街の喧騒に惹かれて森を出た山猫はいつの間にかずいぶんと歳をとった。いつかもう一度故郷の森の奥へ帰りたいと鳴くようになる。でも、街の暮らしはなかなか捨てられるものじゃない。仕方ないから部屋の壁紙だけ森の色に染めてみた。

バリピルさんに似顔絵を描いていただきました。

インフルエンザで先週いっぱい仕事を休みました。 で、体調が落ち着いてきたなぁーと思っていると今度は三連休です。 先週から数えてみればなんと十連休になります。 そのほとんどを寝てすごしたとは言え、けっこう長期の休みとなりました。 これはラッキー…

次男Kとわたしのインフルエンザ記

昨夜タミフル10錠飲みきりました。 それでほぼすっきり回復した気がします。 初めて38度台に発熱したのは先週日曜日でした。 その翌日の月曜日も一度38度になりましたが、それ以降はずっと36度台の熱。頭痛はほとんどなく、しつこい鼻水に全身の倦怠…

隔離部屋より

前回の記事で触れた「Kの高熱」のその後です。 www.keystoneforest.net 次男Kへのお見舞いコメントをたくさんいただきました。 ありがとうごさいます。 本人にも伝えました。 彼の容体ですが、記事を書いた翌日の日曜日に小児科を受診しました。 午後からだ…

Hey Jude ~Mの高校最後のバレーの試合と、受験直前のKの高熱~

今日は午前中出勤しました。 家を出た時刻がいつもより遅めなので朝の太陽はずいぶん高いところまで上っています。 大阪の街は朝靄に包まれていました。 お天気はこの後下り坂。 お昼ころには雨が落ちてきました。 今日、長男Mはバレー部OBを集めて、学校で…

傷口にはいつかカサブタができます。

去年の夏ごろ酔っ払って転んだときにつけた傷がまだ治りきりません。 歳をとると傷が治るのが遅くなります。 新陳代謝が若いころほど良くないし、免疫力が衰えているからでしょう。 ですが、歳をとっても時間が経てば傷は治ります。 なので、若いころならな…

「自分とはどんな人間なのか」近いほどよく見えるのに、近過ぎるとかえって見えない。 **ブックマーク・ツイートから** 山猫ノート19

早いもので、もう1月最後の週末です。 いまさらながら、ですが、今年の抱負を考えています。 抱負というか、これから先の自分について、考えています。 近いほどよく見えるのに、近過ぎるとかえって見えない。 あ、老眼の話ではありません。 その見えないも…

一期一会の出会いが人を豊かにしてくれるのかもしれません。 **ブックマーク・ツイートから** 山猫ノート18

冬場のこの時期、喘息の症状に悩まされます。 寒暖差が引き金になるようです。 始終喉に何かが絡んで不快です。 むせるような咳が出て止まらなくなることがあります。 吸入の薬が切れたので、昨日の土曜に病院に行ってきました。 風邪が流行っています。 待…

23年目の1月17日、新月の夜です。新月は地上からは見えない月です。

23年目の1月17日、新月の夜です。 今夜の空を確かめたくて駅から歩いて帰りました。 わたしの家は山の中腹にあり、駅から山を登ります。 駅前にあるバス停には数人の列ができていました。 すぐにバスが来るようです。 ですが、わたしはバス待ちの列に並…

神様なんて、だいっきらい。

神様なんて、だいっきらい。バチあてやっからな。 ルパン三世の言葉です。 好きとか嫌いとか、それは同じ人間を相手に思うこと。 好きとか嫌いとかの対象に神様はなりません。 でも、そもそも神様って、仏様って、人を救ってくれる存在のはず。 それがどうし…

23年前のあの夜、街灯りが消えた神戸を満月が見下ろしていました。

て 今月、2018年1月には満月が2回巡ってきます。 ブルームーンと呼ぶそうです。 1月の満月で一番に頭に浮かんだのは、23年前のあの夜の満月でした。 街灯りが消えた神戸を満月が見下ろしていました。 暗闇に浮かぶ満月は怪しいほど明るく見えました…

「小石のように」 これから生まれてくる君への手紙 (創作短編小説)

この冬、君の父はしつこい風邪に悩まされた。 年が明けてから十日ほど喉の痛みが続き、体の節々もだるくて仕方なかった。ようやくそれが治りかけると今度は熱がひどくなった。咳が止まらず、深夜に咳き込んでは目が覚めてしまうことがしばしばあった。初めて…

決戦の場はリビングの円卓。新春恒例家族ゲーム大会(^_^)

年が明けてから1週間が過ぎました。 子供たちが通う学校では、今年は成人の日が8日になったおかげで冬休みが1日プラスされています。 今日の日曜日の先にさらにもう一日お休みが残っているわけですから、ちょっと得した気分に子供たちは浸っているようで…

家族みんながそろって過ごせるお正月はあと何回あるだろう。

お正月が終わりました。 お正月の期間を松の内と言いますね。 関東では7日くらいまで、こちら関西では15日までがそれにあたります。 明日7日に七草粥を食べられる方もいらっしゃるでしょうか。 大晦日のこと 大晦日の夜はお寿司とお蕎麦。 わたしの家で…

実は自分が変わった人だった。 **ブックマーク・ツイートから** 山猫ノート17

実は自分が変わった人だった。 自分とは全然違う食べ方をしている人、使い方をしている人、考え方をしている人に気づいて、最初はその人を変わった人だと思い、冷静に周囲を見渡してみると、実は自分が変わった人だったと気づかされることがあったりしますね…

新年三日目、お餅を食べてしまったので豆腐白玉団子を作ってみました。

新年三日目、ようやく初詣に行ってきました。 こちらの神社のシンボルは弓から放たれた矢に乗る八咫烏です。 御影石で作られたサッカーボールが本殿の横にありました。 で、本題ですが、お正月用に用意していたお餅を昨日で食べてしまったので、今日はお団子…

じゃんけん必勝法と冬の語源。冬来りなば春遠からじ。

去年までは「お正月は家族でゲームをして遊ぶ日だ」というルールのようなものがわが家にはあって、子供たちが納得するまで何度もボードゲームなどをして遊んだものでした。 でも、昨日の元旦の朝は、お節を食べた後、子供たち2人はそれぞれの自分の部屋に戻…

生きる理由。川と山とそれらに注ぐ温かい陽射しと、大根と。

あけましておめでとうございます。 こちら神戸は穏やかな一年の始まりの日を迎えています。 今年もよろしくお願いいたします。 昨夜は紅白を観て、除夜の鐘を聞いて、寝ました。 元旦の朝はのんびり朝寝、と思っていたのに、7時半過ぎに物音がして目が覚め…

父譲りの酸っぱいもの好き。酢ごぼう(たたきごぼう)を作りました。

大晦日です。 大掃除は昨日までに済ませました。 あ、奥さんが、ほとんど。 で、今日は、思い立って酢ごぼう(たたきごぼう)を作ることにしました。 わたしの田舎では酢ごぼうと呼んでいて、こちらの方が馴染みが深いので以下酢ごぼうと言うことにしますね…

土鍋でご飯を炊いてみた。本格的ごはん鍋 vs ダイソーの200円土鍋

ごはん鍋が届きました。 ごはん鍋届いた(^_^)先日、友人が結構式を挙げたときの引出物。カタログから選ぶ形式だったので、わたしは前から欲しかった「ごはん鍋」を迷わず選びました。2合炊き鍋なので、家族が4人いる我が家では使うタイミングが難しそ…

じと目ってどんな目? 良心がないから嘘をつく、果たしてわたしは良心を持っているのか。

じと目ってどんな目? 夕食中、次男Kに訊くと、 目を細くして、まぶたが線で、上目遣いみたいになってるやつ、、、 と言いかけ、茶碗を置いて椅子から立ち上がり、紙とペンを取って戻ってきた。 さらさらっとKが描いてくれたのが、どんぶり鉢を真横から見…

クリスマスイブの雨、今夜サンタを卒業します。

神戸では夕方から雨になりました。 イブの雨となると、どうしても頭にあの名曲のフレーズが聴こえてきます。 ♫雨は夜更け過ぎに、雪へと変わるだろう でも、残念ながら、神戸では深夜も明朝も雪は降りそうにないです。 むしろ、今夜はいつになく暖かいくらい…

父の墓参。

車で片道3時間弱。 父の墓参りに行ってきました。 墓参りを済ませておかないと新年が迎えられないという母の言葉を断れず、二人で往復5時間半ほどのドライブをしてきました。到着したのは午前10時前。父の墓は父の実家を見下ろせる山の中腹にありました…

冬至の朝

おはようございます。 冬極まれり。 冬至の朝です。 今日から先には春が待っています。 風邪ひきから喘息を再発させてしまって、しばらく伏せっていました。 あ、仕事もしていましたけど。 体調はようやく戻ってきました。 寒い朝ほど朝焼けは鮮やかです。 …

空知らぬ風 (創作短編小説) 5/5(結)

※初めてご訪問くださった方がいらっしゃいましたら、今回の記事は連載途中です。1回目はこちらです。 よろしくお願いします。 www.keystoneforest.net 今回は最終回です。 空知らぬ風 不意に、風が通り過ぎた。 風は皆が座っているござの端を煽るほど強く吹…

空知らぬ風 (創作短編小説) 4/5(転)

※初めてご訪問くださった方がいらっしゃいましたら、今回の記事は連載途中です。1回目はこちらです。 よろしくお願いします。 www.keystoneforest.net 今回は4回目、転の巻、です。 空知らぬ風 万年床とは言うが、人は万年も寝つづけてはいられない。 それ…

空知らぬ風 (創作短編小説) 3/5(承その2)

※初めてご訪問くださった方がいらっしゃいましたら、今回の記事は連載途中です。1回目はこちらです。 よろしくお願いします。 www.keystoneforest.net 今回は3回目、承その2、です(^^; 空知らぬ風 咲が死んでから、正吉はまるで意気地がない。 万年床から…

空知らぬ風 (創作短編小説) 2/5(承)

※今回の創作は原稿用紙にすると40枚弱、文字数だけでは1万2千字ほどになります。これまで1記事につき数千字くらいまでの分量を目安にしてきましたので、どういう形でアップすればいいのか、少し悩みました。いえ、大げさに言いました。少し考えたくらい…

空知らぬ風 (創作短編小説) 1/5(起)

※今回の創作は原稿用紙にすると40枚弱、文字数だけを数えると1万2千字ほどになります。これまで1記事につき数千字くらいまでの分量を目安にしてきましたので、どういう形でアップすればいいのか、少し悩みました。いえ、大げさに言いました。少し考えた…

休日、ブログ巡りをして、あっという間に日曜の夕方を迎える。 **ブックマーク・ツイートから** 山猫ノート16

日曜の夕方 休日、時間があればブログ巡りをして、頭に浮かんだことをブックマークに書いていきます。 そして、書いたことを今度はツイートします。 ツイートにコメントが付くと返信を書きます。 そしてまた、次のブログを巡ります。 そうやって時間が過ぎて…

がんばらないことをがんばる **ブックマーク・ツイートから** 山猫ノート15

自然体 twitterを今年1月に始めました。 使い方がようやく分かってきて、庭の草木や道に勝手に生えてる野草やその上空を流れる雲なんかを写真に撮って一言添えてアップするようになりました。 ブログの記事を書くよりはるかに手軽です。 有名料理店の人気メ…