森の奥へ

街の喧騒に惹かれて森を出た山猫はいつの間にかずいぶんと歳をとった。いつかもう一度故郷の森の奥へ帰りたいと鳴くようになる。でも、街の暮らしはなかなか捨てられるものじゃない。仕方ないから部屋の壁紙だけ森の色に染めてみた。

大根といんげんの観察日誌と自給自足サラダ、大根とベビーリーフを収穫しました。

 

 

梅雨入りした途端の好天続きです。
この暑い日ざしが野菜たちを一気に大きく育ててくれました。

庭の畑にいんげんと大根の種をまいたのは5月7日でした。

 

 

www.keystoneforest.net

 

いんげんは50日、大根は60日で収穫できる、と種の袋に書いてありました。

 

大根といんげんの観察日記です。

5月17日(10日目)、左が大根、右がいんげん。

f:id:keystoneforest:20170625210021p:plain

 

5月27日(20日目) 、間引きをしました。

f:id:keystoneforest:20170625210958p:plain

 

6月4日(28日目)の大根の葉っぱ。
シンメトリーに葉っぱが広がって、とってもきれいです。
虫食いあとはありますが、、、

f:id:keystoneforest:20170625180513j:plain

 

その日の夕方、葉っぱが立ちました。
昼間は葉っぱは地面を覆い隠すように外側に向かって広がっていたのに、、、

夕方見ると、ピンと背筋を伸ばすように、立ち上がっていました。

f:id:keystoneforest:20170625212043j:plain

 

6月24日(48日目)。
大根を今から抜きます。
右はいんげんの花です。いんげんも十分食べられるサイズになりました。

f:id:keystoneforest:20170625213257p:plain

 

首が10cmくらい地上に伸びてきています。

引き上げると、するりと抜けました。
とったどーーー

f:id:keystoneforest:20170625213736p:plain

 

水で洗って土を流し、葉っぱは地面に触れていた部分を5,6枚落としました。

スーパーの店頭では見られない(捨ててしまう)葉っぱ、苦味はありますが、十分食べられます。
これぞ、0円食堂。

f:id:keystoneforest:20170625214232j:plain

 

ベビーリーフは、6月4日に種をまきました。
以前育てたまま放っておいたら実になった種もまきました。

20日でここまで育っています。
自家製の種も育っているかな。

今回間引きした分を大根と一緒にサラダにすることにします。

f:id:keystoneforest:20170625214818j:plain

 

千切りにした大根に最初にひとつかみの塩をして数分おいてから冷水にさらしておきます。
ベビーリーフは、根元近くに双葉がまだ残っていましたので、それを除いて水洗いします。

 

自給自足サラダのドレッシング。

しょうゆ 大さじ2
ごま油  大さじ2
酢    大さじ2
みりん  小さじ1
砂糖   小さじ1
すりごま 大さじ1

 

大皿にベビーリーフを敷き詰めて、その上に大根の千切りを盛り、鰹節をちらしてからドレッシングをかけます。

葉っぱの方はお味噌汁の具にしました。
ほんのりと大根の香りがたつ、お味噌汁、苦味はほとんど感じませんでした。

f:id:keystoneforest:20170625220141p:plain


翌日つくった葉っぱの炒め物(大根菜をそのまま炒めて、醤油と味醂で味付けしてゴマを振ったもの)は苦味がかなりきつくて、子供たちは食べませんでした。
ゴーヤに近い苦味でしたが、私は子供たちの分ももらってモリモリいただきました。
こちらもシャキシャキ感が十分あって美味しかったです。

 

今回、大根は全部で3本収穫しました。
あとの大根はもう少し大きくしてから食べることにします。
説明書どおりならあと10日で食べごろになるはずです。

で、最後のもうひと仕事。

3本大根を抜いて空いたスペースに、プランターで育てていたトマトの苗を移植しました。
畑に直接植えたものと比べて、いまいち生育がよくなかったのです。

トマトの方は、食べられるまでもうしばらく時間がかかりそうです。

 

この週末は、自給自足サラダともう一品、イカの一夜干しとイカ肝の醤油漬けを作りました。

醤油漬けはあと数日冷蔵庫で寝かせますので、これについてはまた次の機会に紹介しますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

  
よければtwitterものぞいてみてください。山猫 (@keystoneforest) | Twitter
 

  

もしも魔法が使えたら

今週のお題「もしも魔法が使えたら」

 

 

もしも魔法が使えたら、

僕は魔法でスマホを操り、世界中のママたちに、赤ちゃんをスヤスヤ眠らせる、呪文の言葉をメールするでしょう。

 

もしも魔法が使えたら、

私はそれを誰にも言いません。
絶対不可能な奇跡を起こす天才マジシャンとして世界をまたに飛び回ります。

もちろん、飛行機になんて乗りません。
魔法のじゅうたんが一枚あればそれで事足ります。

 

もしも魔法が使えたら、

街の灯りを全部消して、空に星を散りばめたい✨

 

f:id:keystoneforest:20170623231229j:image

 

 

もしも魔法が使えたら、涙を笑顔に変えられるのに。。。

 

 

 

 

 

 

 

  
よければtwitterものぞいてみてください。山猫 (@keystoneforest) | Twitter
 

  

プロポーズ (創作短編小説)

 

 

彼は迷っていた。
困っていた。悩んでいた。

あれこれ思い悩んで眠れない日が続いていた。

ガールフレンドのAikoになんとか自分の想いを伝えたいのだけど、一体どう言えばいいだろう。

 

彼が伝えたいのは、つまり、彼女と結婚したい、という想いだ。
ここ数日、いや数週間か、彼は、彼女へのプロポーズの言葉をどうしようか、ずっと考えている。

Aikoはあれで、なかなか気の強いところがあるから、押しの一手じゃ、かえってマイナスかもしれない。

 

まずは、ま正面から。

「結婚しよう」

「僕についてきてくれ」

「君を幸せにできるのは僕しかいない」

「君には僕以外のことを考えてほしくない」

「僕は君と結ばれるために生まれてきたんだ」

「君は僕の太陽だ。きらめく星だ。月だ」

いや、月はダメか。

「嫁さんになってくれ」

あー、ダメダメダメ。

 

f:id:keystoneforest:20170611220840j:plain

 

それとも、からめ手から婉曲に伝えた方がいいだろうか。

「君のことを考えると僕は知らずに涙を流してしまう。涙のわけは悲しみじゃない。僕のそばに君がいてくれる、それを感じただけで自然に涙がこぼれる。この涙は、えーっと、君の心と僕の心をつなぐ、えーっと・・・」

うーんと、何のことやら意味が分からなくなってきた。

 

やり直し。

「僕は夕べ夢を見た。僕は赤ちゃんを抱いているんだけどね。その子の大きな目が君にそっくりなんだ。そして、口元は僕に似ていて、その口を開けて『パパ』って呼んでくれるんだ。夢の中で僕は幸せだった。でも、僕は寂しかった。それが夢だって分かったからね。僕はこんな寂しさを二度と味わいたくないんだ。分かってくれるかい?」

 

「結婚っていう言葉はさ、僕と君とのために神様が考えてくれた言葉なんだって、ふと思ったんだ。君はそう思わないかい?」

 

「僕は今、生きているかも知れないし、そうじゃないかも知れない。君と離れてるときの僕は、息を吸って吐いて、目を開けて閉じて、それをただ繰り返して、何も考えていないただの抜け殻なんだ。君と一緒に暮らして、初めて僕は生きてるって言えるんだと思う」

 

これならいけるかも、と心が決まりかけて、でも、やっぱりこっちの方がいいか、と思い直し、また、次の日には、これではダメだ、と自信をなくす、という日がさらにしばらく続いた。

 

夏の終わりのある夜。

 

f:id:keystoneforest:20170621182736j:plain

 

空には満天の星、月は見えない。
風はさわやかに草原を渡りきて、こすれる草木の音と虫たちの声が聞こえてくるばかり。
命短い虫たちは、精一杯に想いを伝え合っている。
風のせいで少し肌寒い。
彼とAikoは息が届くほどの距離に並んで座っている。
南の空に、細長い光跡を残して星が流れた。

深い深い深呼吸をひとつして、ついに彼はAikoに想いを伝えた。

 

少し声は震えたが、完璧に言えた。
と、彼は思った。

でも、

 彼のプロポーズの言葉を聞いてAikoはつくづく呆れたという表情になり、彼に向かって厳しく言い放った。

 

「ホントに信じられない。あたし、あなたのそんなところが大っ嫌い。どうして、そんなに結婚にこだわるの? もう、そんなことなんてどうだっていいじゃない。あんまりしつこいと、もう知らないからね」

 

そして、

地球最後の女であるAikoは、地球最後の男である彼の向こう脛を思いっ切り蹴りあげた。

 

 

 

 

 

 

  
よければtwitterものぞいてみてください。山猫 (@keystoneforest) | Twitter